So-net無料ブログ作成

制裁  アンデシュ・ルースルント&ベリエ・ヘルストレム [読んだ本]

s-19.09__04.jpg



少女連続殺人事件の殺人犯が、脱走した。


保育園の前で、すぐに次の獲物を物色する


犯人。


そのすぐ側で、5歳の愛娘を送り届ける父親。


送り届けた後、テレビで逃走犯の顔を見て


驚愕する父親。


慌てて保育園に向かう父親は、娘を守ること


が出来るのか?


読み応えのある本だった。[ぴかぴか(新しい)][本][ぴかぴか(新しい)]


事件が連鎖するというか、話が広がると


いうか、、


いろいろ書きたいけど、ネタバレするので


書けない。(苦笑)


すごく面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(35)  コメント(1) 
共通テーマ:

銀座ろくさん亭 4種7点 [モラタメ]


s-19.09_10.jpg



銀座ろくさん亭 4種7点


モラタメのタメせるで、1,026円。


税込み、送料込み。


こんな時でないと、新商品をなかなか


試せない私。(*´ω`*;)ゞ



 

最初に“鶏ごぼう釜飯”を食べてみました。


かつお出汁が効きすぎて・・・


まぁ、その、、、、好みではなかった。


でも“五目釜めし”は、慣れたのか


美味しかったです。

s-19.09_09.jpg




次に食べたのが、レンチンの“親子丼”。


s-19.09__07.jpg


週末、何もしたくないなぁ~・・・・って


思い出したのがソレ。


インスタントの味噌汁と一緒に


食べました。


お味は、まあまあかな。


s-19.09_08.jpg



トータル的に、私的にはリピは無し。


ごめんちゃい。[ふらふら]

nice!(6)  コメント(0) 

きずな  宮部みゆき他 [読んだ本]

s-19.09_03.jpg




伊丹屋で火が出た。


幸いにも仏間の天井を焼くだけで済ん


だが、燃えかすの注連縄から、こよりに


巻かれた髪の毛が出てきた。


一体何故?


(鬼子母火  宮部みゆき)他4作品




宮部みゆきはもちろんだけど


病気で食の細い母に豆腐を食べさせた


11歳の娘とそれを助ける優しい大人達


の話。高田郁の“漆喰くい”も面白かった。


[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:

浮雲心霊奇譚 呪術師の理 神永学 [読んだ本]

s-19.09__02.jpg




時代は、江戸末期。



呉服屋の息子・八十八(やそはち)が


持ち込む幽霊絡みの事件を霊が見え


ると言う赤眼の男・浮雲が解決する話。




武家の嫡男が幽霊に憑依されたという。


近藤勇の依頼で、その武家屋敷に行くと


部屋には十数人の霊媒師達がいた。


その光景に驚く八十八と、苦笑いをする


浮雲。




いつものよりちょっと面白かった。


[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(38)  コメント(1) 
共通テーマ:

浮雲心霊奇譚 白蛇の理 神永学 [読んだ本]

s-19.09__01.jpg



時代は、江戸末期。


呉服屋の息子・八十八(やそはち)が


持ち込む幽霊絡みの事件を霊が見える


と言う赤眼の男・浮雲が解決する話。




雨宿りをした寺の軒先で、白蛇と美しい


女に会った。その女に、ある男を探して


欲しいと懇願され。。。(白蛇の理)





浮雲のもとに土方を通して、猫又退治を


して欲しいと近藤勇の依頼が来た。


妖怪は専門外だと言いながら、イヤイヤ


依頼を受ける浮雲。(猫又の理)





神田の稲荷神社に幽霊が出ると言う噂が。


土方より解決して欲しいと依頼されるが


同時期に、商家の一人娘が狐に憑依され


祓って欲しいと八十八を通して依頼される


浮雲。調べていくうちに、またもや“あの男”


の絵が関係してくる。



面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:

浮雲心霊奇譚 菩薩の理 神永学 [読んだ本]

s-19.08_05.jpg





時代は、江戸末期。




呉服屋の息子・八十八(やそはち)が


持ち込む幽霊絡みの事件を霊が見え


ると言う赤眼の男・浮雲が解決する話。





呉服問屋桝野屋の元気だった一人娘


急に亡くなった。


そんな中、桝野屋で幽霊騒ぎが起きる。


主の部屋の前に、生前娘が使っていた


櫛が落ちていた。その櫛は娘が埋葬さ


れるときに一緒に棺桶に入れた物だっ


た。気になった主は、墓を掘り起こして


みると娘の亡骸が消えていた。


(死人の理)





首無し地蔵で首無し死体が出た。


その処理に当たった同心の林太郎が


幽霊に憑依された。


知り合いの近藤勇から依頼され


浮雲は八王子まで出掛けることに。


(地蔵の理)





赤子の幽霊に悩まされる忠助は、浮雲


を頼った。


調べてみると、忠助の死んだ姉が奉公


していた光葉屋に関係しているという。


他にも忠助の部屋には、気になる物が。


(菩薩の理)




面白かった。(*´ω`*)

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:

鬼を待つ   あさのあつこ [読んだ本]

s-19.09_.jpg






弥勒シリーズ。




喧嘩して相手を殺してしまったと思った


男が首吊り死体となって見つかる。


自殺と扱われたが、岡っ引きの伊佐治


は引っかかりを感じていた。


その後新たに殺しが起き、更にその次


に起きた殺しが、遠野屋と繋がっていっ


た。




その頃、遠野屋の主・清之介は亡き


房おりんと瓜二つの女と出会って


いた。




すごく面白かった。[黒ハート](*´ω`*)[黒ハート]




nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:

浮雲心霊奇譚 妖刀の理 神永学 [読んだ本]

s-19.08__06.jpg






時代は、江戸末期。




呉服屋の息子・八十八(やそはち)が


持ち込む幽霊絡みの事件を霊が見え


ると言う赤眼の男・浮雲が解決する話。






辻斬りに出くわした武家の娘・伊織。


異様な殺気を放つ男の幽霊が辻斬り?


(辻斬りの理)






幽霊が出るという噂の沼。


その幽霊を視ると祟られるという。


(禍根の理)






妖刀・村正で女を切りつけようとする


場に居合わせた八十八。


絵師で呪術師でもある狩野遊山が


関わりがあるようで・・・。


(妖刀の理)





面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:

聡四郎巡検譚(四) 抗争 上田秀人 [読んだ本]

s-19.08__04.jpg






八代将軍吉宗の時代。




将軍吉宗から“道中奉行副役"として


新たな命が下され、視察をしながら


諸国の道場を見て回る水城聡四郎。




京へ着いた聡四郎は、京を知るために


竹姫の実家・清閑寺から炭屋・出雲屋を


紹介される。




出雲屋に連れられお茶屋に行った


聡四郎は芸妓から話を聞くことに。。。




今回も面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:

なぞとき 宮部みゆき他 [読んだ本]

s-19.08__02.jpg





時代小説傑作選 [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][本][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]





鰹を千両で買いたいという申し出があり


困惑する棒手振の魚屋・角次郎。


一体何故千両なのか?


宮部みゆきの“鰹千両”






呉服・太物問屋京極屋の妾おいとが


主夫婦の跡取り息子を毒殺する事件。


本当においとは、殺したのか?


和田はつ子の“五月菓子”




他4作





やっぱりというか、、、


“鰹千両”は、読んだことあった。(笑)


どれも面白かったけど、私の好みで


言うと、和田はつ子の“五月菓子”と


梶よう子の“煙に巻く”、浮穴みみの


“六花の涼”は、シリーズ物なら他のも


読んでみたいと思った。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

 


nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ: