So-net無料ブログ作成

浮雲心霊奇譚 菩薩の理 神永学 [読んだ本]

s-19.08_05.jpg





時代は、江戸末期。




呉服屋の息子・八十八(やそはち)が


持ち込む幽霊絡みの事件を霊が見え


ると言う赤眼の男・浮雲が解決する話。





呉服問屋桝野屋の元気だった一人娘


急に亡くなった。


そんな中、桝野屋で幽霊騒ぎが起きる。


主の部屋の前に、生前娘が使っていた


櫛が落ちていた。その櫛は娘が埋葬さ


れるときに一緒に棺桶に入れた物だっ


た。気になった主は、墓を掘り起こして


みると娘の亡骸が消えていた。


(死人の理)





首無し地蔵で首無し死体が出た。


その処理に当たった同心の林太郎が


幽霊に憑依された。


知り合いの近藤勇から依頼され


浮雲は八王子まで出掛けることに。


(地蔵の理)





赤子の幽霊に悩まされる忠助は、浮雲


を頼った。


調べてみると、忠助の死んだ姉が奉公


していた光葉屋に関係しているという。


他にも忠助の部屋には、気になる物が。


(菩薩の理)




面白かった。(*´ω`*)

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ: