So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

本意に非ず   上田秀人 [読んだ本]

s-19.11_06.jpg



自分の志と違う決断をしなければいけなかった


過去の後悔と無念。


明智光秀、松永久秀・長頼兄弟、伊達政宗、


長谷川平蔵、勝海舟のそれぞれの回想録。



まあまあ面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:

裏用心棒譚(二) 流葉断の太刀   上田秀人 [読んだ本]

s-19.11_04.jpg




第十代将軍・家治の時代。




相馬藩士の小宮山が、城から盗まれた茶碗を


探し出すという密命を受け、浪人になりすまし


盗賊の見張り役として任務を遂行していたが


結果、相馬藩から刺客を放たれてしまった。


ここまでが前提。





今回は、老中・田沼意次と松平定信の権力争い


巻き込まれてしまう。


松平定信が秘密裏に東照宮から持ち出した


“流葉断の太刀”を田沼意次が盗賊達に奪還


せよと命じる。


盗賊達は盗みだすことが出来るのか?


面白かった~。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]


nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:

三秒間の死角(上)(下) アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム [読んだ本]

s-19.10_05.jpg


s-19.11__03.jpg




ストックホルム警察 エーヴェルト・グレーン


警部達が登場。


麻薬密売組織を捕まえるため潜入捜査員に


なった元犯罪者パウラ。


時間をかけて組織の中枢まで上り詰め、刑務


所内へ潜り込む。


しかしパウラが入所する前から、殺人事件を


捜査していたグレーンス警部はパウラの正体


を知らずにパウラの関わった事件を捜査し始める。


それを知った法務省上層部は、保身のためにパウ


ラを切り捨てる。


それを知ったパウラは、入所前に入念に準備して


いた計画を実行することにする。



今回も読み応えがあって、すごく面白かった。


[かわいい](*´ω`*)[かわいい]





nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:

沈黙のパレード  東野圭吾 [読んだ本]

s-19.11__01.jpg



ガリレオ(物理学者・湯川学)シリーズ。


行方不明の少女が数年後に遺体となって


発見された。


容疑者となったのは、かつて草薙が担当


した少女殺害事件で無罪となった男だった。


そして今回もまた、証拠不十分で釈放され


てしまった。


その男が、殺害された。


容疑者は、少女を取り巻く人々だった。


復讐劇は、どうやって行われたのか?


すごく面白くて、夢中になって読んだ。[かわいい]


犯人が捕まらなければ良かったのにと思って


しまった。。。[ふらふら]




nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:

人を乞う   あさのあつこ [読んだ本]



s-19.11__02.jpg




藩政改革の捨て石となった父の切腹の


介錯をした後、僻村の砂川村に所払いと


なった天羽藩上士の子・伊吹藤士郎は


脱藩。


天羽藩の若き藩主による政の変わり様を


見届けるため異母兄・柘植左京と共に、


江戸から天羽へ戻ってきた。


天羽は変わることが出来るのか?



すごく面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]



nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:

怪盗探偵山猫 深紅の虎 神永学 [読んだ本]

s-19.10__04.jpg



[ぴかぴか(新しい)] 最終話 [ぴかぴか(新しい)]


悪徳業者へ盗みを働く前に出す山猫の犯行


声明が無くなっていた。誰が持ち去ったのか?


雑誌記者の勝村は、“深紅の虎”と名乗る


謎の人物に拉致され、山猫をおびき出すエサ


とされる。


深紅の虎とは何者なのか?


山猫との関係は?



最終話なら、山猫の仲間の里佳子のことも


もう少し書いて欲しかったなぁ。(*´ω`*)


まあまあ面白かった。[かわいい][かわいい][かわいい]




nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたの不幸は蜜の味  宮部みゆき他 [読んだ本]

s-19.10_03.jpg



後味の悪い物語集。[ふらふら]


もう、ホントに後味が悪かった。(´_`[たらーっ(汗)])


宮部みゆきの作品がなかったら、


絶対読まなかった本。(苦笑)


でも宮部みゆきの作品も、やっぱり後味


悪かった。(苦笑)


主人公が、イヤ~な感じの人ばかり。


まぁ、いい人が不幸になる話ではない分


良かったかな。(笑)




ああ、ほっこりするヤツ読みたい。。。

nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:

死刑囚  アンデシュ・ルースルント&ベリエ・ヘルストレム [読んだ本]

s-19.10_.jpg



前作に引き続き、ストックホルム市警・警部


のエーヴェルトと、警部補のスヴェンが登場。




ある日暴力沙汰で、カナダ籍の男が逮捕された。


逮捕された男のパスポートは偽造された物だと


判明。


身元を調べていくうちに、その男はアメリカ人の


死刑囚で、数年前に刑務所で死んだはずだった。




今回も読み応えのある本だった。[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][本][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


すごく面白かったけど、身勝手な考えで


犠牲になった命に何とも後味の悪い結末


だった。(´_`[たらーっ(汗)])


nice!(36)  コメント(1) 
共通テーマ:

あなたに謎と幸福を  宮部みゆき他 [読んだ本]

s-19.10_02.jpg



ビストロ・パ・マルで食事中の訳ありカップル。


シェフの推理によって問題は解決するのか?


(割り切れないチョコレート)





息子の恋人がストーカー被害に遭っていると


相談された私立探偵の父親。


(鏡の家のアリス)





ぶたのぬいぐるみのお巡りさんの話。


(次の日)





高校の卒業式の帰り、3年前に中学で女生徒が


襲われた事件を、別の中学だった芳樹に話す


高崎の真意。  (君の歌)





単調な生活の中で、気晴らしに駅の伝言板に


“架空の伝言”を書く大学生・伸治。


ある日その伝言に、返事が書かれていた。


(ドルネシアにようこそ)





どの作品も、最後はハッピーエンドで終わる。


“鏡の家のアリス”内の私立探偵の父親には、


読み始めてすぐにありえないと思ってしまった。


“次の日”は、正直つまらなかったけど


解説を読むと“ぶたぶたシリーズ”の1つらしい。


人気があるの・・・か(´・ω・`)[exclamation&question]


他は全部面白かった。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:

町奉行内与力奮闘記(九) 破綻の音  上田秀人 [読んだ本]

s-19.10__03.jpg



第十代将軍家治の時代



最終巻



南町奉行の牧野大隅守が、北町奉行の


曲淵甲斐守を追い落とすために、無宿者を


使って播磨屋を襲わせようとする。


内与力・城見亨は、またしても播磨屋を守る


ことが出来るのか?




面白かったけど、最終回の割には


物足りなかったかなぁ。[かわいい](*´ω`*)[かわいい]



nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -